AGAにならないための対策

2019年06月04日
髪を心配している男性

AGA(男性型脱毛症)は、早い人では10代から発症する可能性があります。
そして、30代前後になると多くの人が実感します。
加齢と伴に男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)が多くなり、それが脱毛を引き起こすのが原因です。
逆に考えれば、DHTの量が増えないようにすれば予防は可能ということです。
また、頭皮をいつも清潔にしておくことも大切となり、フケや頭皮に油分がある方はお薬での治療をするのもよいでしょう。
中南米の方では、新型の水虫として頭皮にカビ菌が発生してしまい髪の毛が抜けるという皮膚感染症が起こった例もあります。
その場合にはイトラコナゾールやケトコナゾールといった真菌薬で治療する必要があるので注意しましょう。
AGAは早期発見、早期治療が有効なので、気づいたらすぐにAGA治療院で相談することが大切です。
病院では、男性ホルモンテストステロンをDHTに還元してしまうII型5α-リダクターゼという酵素の働きを抑える治療薬を処方してもらえます。
それ以外に自分でできる予防としては、日々の生活に気をつけることです。
ストレス、喫煙、偏った食事、過度な飲酒はDHTを増やす原因になります。
なかでも対策の効果を出しやすいのは、食事です。食事が直接AGAを発症させる原因になるという説はありませんが、届くべき栄養が行かなければ、薄毛になる可能性は高まります。
抜け毛の対策になる栄養素の摂り方は、たんぱく質、ミネラル(亜鉛)、ビタミンC、ビタミンA、ビタミンB群を適切に摂取することです。
たんぱく質は髪の毛を構成する栄養素です。
豆腐、納豆、卵、サバ、鮭、などに含まれています。
亜鉛は、たんぱく質を合成して髪の毛にします。
たんぱく質だけ入ってきても、亜鉛が不足していると髪は作られません。
牡蠣、いわし、昆布、わかめ、ひじき、ゴマ、などに多く含まれています。
ビタミンCはストレス対策になります。
ビタミンAは血行を良くして、髪に栄養が届くようにします。
ビタミンCとAは緑黄色野菜に多く含まれています。
ビタミンB群は体の新陳代謝を正常に保つ役割があります。
レバー、チーズ、わかめ、牛乳、などに豊富な栄養素です。

関連記事
コラーゲンとAGA治療薬について

最近ではさまざまなコラーゲン商品が登場しており、ドリンクやゼリーなどといったタイプが登場しています。コラーゲンはもともと体内にあるものなのですが、年齢を重ねると量が減ってしまうため、外側から取り入れていく必要があるのです。コラーゲン商品を摂取することにより、美肌を保つことができると言われています。薬...

2019年09月16日
女性の永久脱毛と男性の薄毛について

永久脱毛でのお手入れで、気になるムダ毛をスッキリとさせることもできます。カミソリ処理でムダ毛を剃るのは面倒でも、永久脱毛なら簡単です。永久脱毛でツルツルな素肌を目指して、夏も楽しみにすることができます。脱毛方法にはいろいろあるので、自分に合った方法を選びましょう。今では安い脱毛サロンはたくさんありま...

2019年08月19日
AGA治療における薬の飲み方と量について

近年話題になることの増えてきたAGA治療は、男性型脱毛症に悩んでいる多くの男性の助けとなる治療として広く知られるようになってきました。従来の薄毛治療が一般的に対症療法であったのに対し、AGA治療と呼ばれる治療においては服薬による原因への働きかけが行えるということが大きな特徴であるとされています。AG...

2019年07月31日
画像から進行がわかるAGA

男性脱毛症のであるAGAは、画像から進行がわかります。以前の画像を見てください。薄毛が進行しているのであれば、それはAGAの可能性があります。AGAは食い止めることができ、そして正しい治療を開始することで、以前の画像のような頭髪に戻る可能性もあります。薄毛の進行を食い止める方法がありますので、薄毛が...

2019年07月04日
AGA改善の薬の種類 2019年06月15日

髪を気にする男性

AGA改善の薬の種類

AGAの改善に有効な薬は飲むタイプの内服薬と塗るタイプの外用薬に分類することができ、そしてそれぞれで効果が違っていたり種類があります。内服薬の効果はAGAを引き起こす特定の物質を抑制するといったものであり、その作用によって脱毛を予防することができます。AGAによる脱毛症は脱毛作用があるDHTという成...

2019年06月15日